肺がん検診のための胸部X線読影・自己演習システム
肺がん検診のための胸部X線読影テキスト
このシステムは肺がん検診の胸部X線読影をご自身で学んでいただくシステムです。

はじめて、肺がん検診の胸部X線を読影される方は、 まず、 「肺がん検診における判定区分と指導区分」 をお読みください。

また、 「胸部X線写真の撮影技術や条件」 についてや 「胸部X線写真の正常解剖と読影方法」 について学びたい方はそれぞれの項目をクリックしてください。

なお、これらの内容は肺がん検診のための胸部X線読影テキストから引用しています。
このテキストには多数の肺がん症例が載っていますのでこれから肺がん検診を始める方にはご購入をお勧めします。

すでに肺がん検診の読影について習熟している方は、 ユーザーID、パスワードを入力後、ログインボタンを押して 次へボタンを押して 演習を開始してください。

1.氏名などの個人情報は匿名化されていますが、画像の使用に関する倫理委員会の承認は本システムでの使用に限って認められています。画像を別の目的で用いることは法令違反となりますので、絶対に行わないでください。

2.本自己演習システムは、「Internet Explorer11」のみです。その他の環境においては、一部の機能が正常に動作しません。ご了承ください。
※はじめて使用する場合は、こちらの設定を行ってください。


3.画像の拡大・コントラスト調節などの説明は、画像の画面の右上の「W-EVInsite」というバナーから参照することができます。
このソフトウェアは、 Apache 2.0ライセンスで配布されている製作物が含まれています。